五十肩 指先のしびれ

五十肩になったと思ったら、指先までしびれるけれど大丈夫?

スポンサーリンク

五十肩でお悩みの方の中には指先までしびれの症状がでてきてしまい、不安だというケースがあります。
五十肩でしびれも生じてしまうものなのでしょうか?

 

そもそも五十肩と言うのは肩の関節や靭帯の問題です。
しかし、五十肩にしびれの症状が伴っていると言う場合には、頸椎や脊椎に問題が生じてしまい、神経を圧迫してしまっているということも考えられます。
これは五十肩とはまた別の症状になります。

 

一部の神経であっても、圧迫されることによってうまく伝達がなされないようになれば、指先などの末端までしびれが発生すると言うことは十分に考えられます。

スポンサーリンク

この場合、整形外科などでレントゲンを撮ってもらい、検査を受けることがおすすめです。
肩の凝りなどであれば自分で判断することもできるのですが、体のどこかで神経が圧迫されているかどうかを確認するのは自分で判断することは不可能です。
きちんと病院でお医者さんに診てもらうことが確実で早い治療方法です。

 

たとえしびれの原因がそれ以外のところにあったとしても、病院であれば総合的に判断をしてもらえますし、必要に応じて別の専門の先生を紹介してもらえることも多いです。
ただの五十肩だと思っていたら、実は別の重大な疾患であったことがわかるかもしれません。
少しでも早いうちに病院で検査されることをお勧めします。

 

単なる五十肩だったと笑って済ませられることを願っていますが、「もしかしたら」という場合に備えて検査だけでも受けておくという考え方が大切ですね。

スポンサーリンク

 

 

五十肩に悩む人たちに人気のサポーター

 

五十肩は治るまでにかなり時間もかかってしまうことも多く、
痛みや負担を軽減させるためにサポーターを活用している人も多いです。

 

しかし、一言にサポーターといってもたくさんの種類があって、
どれを使えばいいのか悩んでしまいますよね…

 

初めてサポーターを使用する時には、
まずは多くの人から人気のあるものを選んでみるといいでしょう。

 

それからだんだんと自分に合うようなサポーターを探してみるといいかもしれませんね。

 

多くの方々に人気のあるサポーターは以下からどうぞ♪

 

>>>人気のサポーターはこちら<<<