五十肩 治療 貼り薬

五十肩の治療に使う貼り薬とは?

スポンサーリンク

五十肩の治療を行っていくときには、貼り薬として湿布などを使用していくこともありますよね。
五十肩の治療に使う貼り薬にはどのようなものがあるのでしょうか?
貼り薬といえばやはり湿布ですが、湿布と一言に行っても、実はその効果は様々であることが多いです。
例えば、単に患部を冷やすようなものもあれば、筋肉の炎症を抑えるための成分が含まれているものや、痛み止めの成分が含まれているものもあります。
そこで、湿布を選ぶ時には、症状も確認しながら、薬局やドラッグストアの薬剤師さんに確認を取りながら購入するようにすると間違いが少なくなるでしょう。
確かに五十肩の初期症状の時には患部を冷やすことも効果的だといわれますが、痛みを抑えたいときや炎症を小さくしたいときに、冷やすだけのタイプだと思ったように効果が得られないこともあります。

スポンサーリンク

また、症状の状態にあわせて、湿布の使用タイミングも変えていくとよいでしょう。
五十肩の場合には大きく分けて3段階に分類され、1段階目の急性期の時が、一番炎症が強く発生しており、痛みも強い時期になります。
このときになるべく炎症を抑えておくことが重要になりますし、辛い痛みに我慢しなければいけなくなるのもこの時期なので、最初に適切に湿布を使用するようにすると、後々の治りも早くなるでしょう。
初期の段階で炎症をなるべく少なく抑えておくことができれば、全体的な治療の期間も短く済みますし、痛みに我慢しなければいけない期間も少なくて済みます。
最初にきちんと湿布等を活用して、なるべく早く治療を済ませてしまいたいですね。

スポンサーリンク

 

 

五十肩に悩む人たちに人気のサポーター

 

五十肩は治るまでにかなり時間もかかってしまうことも多く、
痛みや負担を軽減させるためにサポーターを活用している人も多いです。

 

しかし、一言にサポーターといってもたくさんの種類があって、
どれを使えばいいのか悩んでしまいますよね…

 

初めてサポーターを使用する時には、
まずは多くの人から人気のあるものを選んでみるといいでしょう。

 

それからだんだんと自分に合うようなサポーターを探してみるといいかもしれませんね。

 

多くの方々に人気のあるサポーターは以下からどうぞ♪

 

>>>人気のサポーターはこちら<<<